温泉

2020年01月02日

霧島温泉へ行って来た。

暮れに両親を連れて、霧島温泉に一年の疲れを癒しに行ってきた。月に何度も温泉で疲れを癒しているような気がするが?(笑)
おいらは疲れやすいのだ。

霧島国際ホテル。

IMG_6391

古い昭和の香りのする建物だが、貸出用の車椅子もあり、館内はバリアフリーでした。なかなか良かったです。

到着時はあいにくの天気でしたが、、、

IMG_6393

翌日は晴れ。日頃の行いの賜物です。
霞んでいるけど、遠く桜島や開聞岳が見えます。

IMG_6395

暇なので、かみさんと二人でパワースポットと言う大浪池までハイキング。

IMG_6396

整備された山道を歩く事小一時間ほど。

IMG_6397

さすがに南国鹿児島とは言え、山の上では雪が舞ったらしい。

IMG_6398

大浪池にとーちゃく。正面の雲に覆われいるのが新燃岳かな?

IMG_6400

パワーをいただいた、、、はず?

IMG_6399

寒いので、とっとと下山。

新燃岳の火口見物(嘘)。

道路の脇にこんなところがありました。

IMG_6401

お昼は道の駅で鹿児島黒豚ラーメン。

IMG_6403

まあ、そんなもんでした(笑)。

続いて霧島神宮参拝。

IMG_6404

10億円が当たりますように。

IMG_6405

のんびり二泊して帰りました。






↓ポチッとして頂くと喜びます。 



kamakoubou at 17:44|PermalinkComments(0)

2019年10月03日

鮎釣りの帰りに熊本観光

雨の予報だったので、後ろ髪を引かれる事もなく帰れると思ったのだが、、、

ピーカンで暑いですよ。

そのクソ暑い最中に、タイヤローテーション。気がついたら前輪が坊主になりかけてた。

IMG_5311


ローテーションが終わったら汗ダク。

小関さんに教えて貰った熊本の山の中の秘湯です。グーグル先生に従って行くと、延々と泣きながらバックするはめになりますよ(爆)。

IMG_5312

現地は携帯は繋がりません。

IMG_5313


地元の方々のお宝なんでしょう。掃除が行き届いていて綺麗です。
入浴料100円。

IMG_5315

一応男女別の浴槽ですが、ぬる湯は繋がっています。

のんびりいつまでも入っていられます。

IMG_5317

寒くなったら入ったが最後上がれないかも?(爆)
熱湯が40℃ほど、ぬる湯は38℃ぐらい?

透明だけど、硫黄の良い香りがしてました。

温泉を出たら、阿蘇の内牧へ向かいます。
昭和の香る街並みです。

IMG_5318


まるきん食堂にお昼を食べに来てみた。

IMG_5319

名物の行列(爆)。
平日なのに40分待ちでした。

赤牛丼が有名なんだけど、、、お客さんの8割以上がそれ頼んでるので、天邪鬼なおいらはチャンポンにしてみた。
醤油味のチャンポン、美味しかったですよ。具沢山でお腹一杯。


IMG_5320

食堂を出てしばらくしたら豪雨になりました。
歩いてる時でなくて良かった。

IMG_5321









↓ポチッとして頂くと喜びます。 



kamakoubou at 08:32|PermalinkComments(4)

2019年07月20日

鮎釣りは諦めて温泉探訪

尾花沢の道の駅で起きたら雨でした。


IMG_4586

新庄まで戻って朝ラーメン。
5時からだったはずなんだが、7時に変わったらしい。
IMG_4587

どうせ先を急ぐ旅ではなし。ブログを書きながら1時間半待ちました。

鶏白湯。肉団子トッピング。

IMG_4588

んまかった。

トイレ休憩に再度尾花沢の道の駅に戻ると、自作軽キャンパーはけーん。

IMG_4589

参考にパチリ。

続いて春に雪で勇気ある撤退をした蔵王温泉。

IMG_4590

あの時戻ったのは正解でした。あの先を右折するのだが、二回切り返してやっと曲がりました。雪があったら滑って無理だ。と、後で考えたら、左折してバックが正解?

で、なんとかたどり着いたおいらの目に飛び込んできた衝撃の光景!

IMG_4591

不定休なのに定休日ってなんだ?金曜日に休むなー!(爆)

その横に、公衆浴場がありました。グーグル先生によるとかわらやと同じ源泉らしい。だったらここでいいんじゃね?
IMG_4592

あちこちぐるぐる回ってなんとか無料駐車場を発見。グーグルに出て来る県の駐車場はみんな無くなっていました。

歩いて入りに来ました。湯船の横から源泉掛け流し。

IMG_4595

透明なので、普通のお湯?蔵王は強酸性じゃ無かったのか?と思いながら顔をザブザブ洗っていたら、思いっきり目に滲みた(馬鹿)。

横から入っているのは水でした。お湯は底から湧いてるよう。思いっきり新鮮で酸化してないので透明みたい。

もう一つ公衆浴場をはけーん。
こちらの湯船は川原湯の倍ほどの広さでした。

IMG_4594

大露天風呂も発見。こちらは見ただけでスルー。だって入浴料が550円だか650円だかもするんだもん。駐車場があるので、無料駐車場を見つけられなかったらこちらを利用するのもいいかも?

IMG_4593

温泉神社に参拝と思ったけど、長〜い階段を見て心の中で参拝(笑)。


IMG_4596

続いては赤湯温泉。共同浴場には洗い場が無かったので、身体を洗いに。

IMG_4597

温泉セットを駒ケ岳温泉で忘れて来たので、新しく買いましたよ。今年4回目だし。

さっぱりしたら、本日の宿泊地の福島の羽鳥湖まで。

確かに最短距離なんだけど、、、

IMG_4600

アドベンチャーでした。

IMG_4598

半泣きで通過。無事に羽鳥湖まで行けました。






↓ポチッとして頂くと喜びます。 





kamakoubou at 16:28|PermalinkComments(2)

2019年07月05日

梅雨前線からの逃避の終わり

おいらが広島で鮎釣り修行の最中、九州各地には大雨洪水警報が発令されていたらしい。

全国各地の友達からお見舞いの連絡を頂いて知る奴(爆)。

太田川での修行の後は、どこかで爆釣して癒されたいものだ。
島根の有名どころの高津川なんかどーだろう?

学習できるおいらは、漁協に電話をしてみました。

川の状況はどうですか?
高水がおさまりかけてるところです。
釣れていますか?
残念ながら、あまり良くないみたいです。

うー、正直だあ。

関東の某有名河川の漁協さん、見習いなさいよ。

という訳で、中国地方の釣巡りはちゅーし決定!

大分の小関さんに調べて貰った温泉に向かいますよ。

うー、アドベンチャー。

IMG_4337

IMG_4338

こんな対向車とすれ違えないような山道を、平均時速60キロ近くで走れる訳ないだろ!(ーー;)〉Google
いつも負けて口惜しい(馬鹿)。

途中、7/1解禁で良く釣れてると太田川漁協のおっちゃんが教えてくれた川の近くを走る。
川の名前は忘れた。最近物覚えが悪くなった( ; ; )。

でも、小さな川につき食指は動かない。

2時間半ほどはしって、温泉にとーちゃく。
ガードレールが黄色いので、山口県まで戻ったようた。

IMG_4339

浴槽はギチギチ詰めて6人がやっとの小ささだったけど、一回の入浴で右肘の痛みがなくなっちゃいましたよ(@_@)。凄い泉質です。詳しくはググって下さい。

その後最寄りの道の駅を目指すと、北海道を思わせるような直線道路。
これ国道9号線ですよ。

IMG_4340

道の駅長門峡に到着して、今日のダリヤメ。

IMG_4341

地酒ですよ。どこのだっけな?広島かな?
なかなか美味しゅうございました。

河川の状況を確認したら、大分の某河川は増水から平水に戻っています。起きて増えてなければ大分に向かおう。

無駄な中国の旅だった(爆)。あ、肘の痛みが取れたので無駄じやないか。





↓ポチッとして頂くと喜びます。 






kamakoubou at 22:11|PermalinkComments(2)

2019年03月25日

八甲田山湯の彷徨

八甲田山のスノーモンスターを見に行こうと思っていたのだ。

レンタカーで山に登ると、、、強風のため運休とな。
ま、そんな事態は想定済みですよ。予報が悪かったので、山の装備は置いてきたもんねー。
#行く気ないじゃん

慌てず騒がずとっとと酸ヶ湯温泉に転戦。

IMG_2996

駄菓子菓子、、、
ここでリサーチ不足が判明。
千人風呂は8:00から9:00まで女性専用になっちゃいます。それは知っていたのだが、男女別のお風呂が始まるのは9:00からでしたぁ。
ただ今8:10過ぎ。50分も待てません。

IMG_2998

仕方ないので、酸ヶ湯は後回しにして、みちのく深沢温泉へ向かう。

怪しい温泉ですよ。受付に誰も居ないので、先にお風呂をいただきます。

IMG_2999

奥が41℃ほど、手前は39℃ほど。いつまでも入っていられます。

雪見の露天風呂もあります。

IMG_3001

こちらは38℃ほど。
いつまでも、、、入ったら上がれません(爆)。

のんびり入浴を済ませたら、女将さんが帰ってきていました。
無事入浴料金400円也をお支払できました。

続いては日本三大秘湯の一つ、谷地温泉です。

IMG_3004

深沢温泉の方がはるかに秘湯っぽいですよ(爆)。
日帰り入浴開始の10時ちょい前に着いちゃったけど、お掃除が終わっていたので入れて貰えました。

IMG_3002

湯船の底から湧く温泉。

IMG_3003

ここも手前がぬる湯で奥が暖かい湯。源泉が別で、交互に入ると薬効が高まるらしい。

関東では桜の開花宣言がされたのに、みちのくはまだまだ冬です。

IMG_3005

酸ヶ湯温泉に戻って千人風呂に入浴しました。






kamakoubou at 06:45|PermalinkComments(0)