秋田の阿仁川パラダイスで鮎解禁阿仁川鮎釣りキャンプ3日目

2020年07月04日

阿仁川鮎釣りキャンプ2日目

朝から雨が降っています。

川は少し水嵩が増えているものの、濁りは少々。釣りは出来そうです。

IMG_9156

寒いのでまだ追わないですよ。とりあえず、のんびり朝ごはん。
IMG_9157


卵かけご飯?
おいら生卵は食べられないので、オムライスのケチャップ抜き(笑)。

IMG_9158

いつ濁りが入るか判らない中、上流のポイントを探検しに行く事に。今日は釣りは二の次で(とはいえ、竿抜のパラダイスにぶち当たる事を大いに期待(笑))、降り口探しです。

携帯をテントに忘れたので写真はありません。
阿仁川さんに撮って貰った記念写真のみ。

最初の場所は、、、

IMG_9165

まさに探検(爆)。

事故の前に記念写真。

IMG_9168

五ヶ瀬川の為に積んでおいた20mのザイルが、こんな所で役に立つとは。いや、幸いにして使わなかったけど、行く気になる御守りとして持ち歩きました(笑)。

パラダイスを前に記念撮影。

IMG_9169

一級ポイントは倒木と流木と頭上の樹木に守られて手を出せなかった(笑)。水が低ければ対岸に渡れたんだけど、これから増水しそうな雨の中、泳ぐ気にはなれず、涙を飲みました。

はい、次。

一気に最上流部まで行くも、両岸が切り立った2-30mの崖で、取り付く隙がありません。来年までに、懸垂下降の技術を積まねば。いや、降りられても、身体を引き上げる腕力が足りないから登れないし(爆)。下にはパラダイスを思わせる瀬が見えるのだが、、、

少し戻ってきたら、車を停められる所があったので、藪を覗いて降りられる場所を捜します。

阿仁川さんが降り口発見!倒木かなんかが滑って落ちた跡みたいだけど(笑)。

えっちらおっちら藪を掻き分けて、重い囮缶担いで崖を降ります。

そこにはパラダイスが、、、見た目パラダイス(爆)。ちょっと上流まで来すぎたみたいで、鮎が薄い。

濁りが入ってきて増水が始まったので退散。

時間も2時過ぎてたし、2箇所も崖の登り降りして足腰ヘロヘロだし、これにてしゅーりょーと思っていたら、支流が澄んでる。
軽く触ったら、おいらは1匹だったのでとっとと竿を畳んだんだけど、阿仁川さんにはポツポツ反応があるので帰ろうとしません(爆)。

仕方ないので、再度竿を伸ばして、上流に見える瀬まで歩く。

川の真ん中に立って、岸際のボサのギリギリを攻めると、竿抜のポイントはけーん。
プチ入れ掛りで、気持ち良く終われました。

阿仁川にはロープとナタと熊除けの爆竹が必要な事がわかりました。熊鈴は川の音で消されて役に立ちそうにない。梅雨明けの頃には、オロロ避けの装備も必要だとか?

阿仁前田駅前の鍛冶屋さんで売ってるナガサが欲しいぞ。でも、釣りの最中に腰に下げる訳にはいかないので、無用の長物かな?
あれば熊と戦える気でいる奴(馬鹿)。







↓ポチッとして頂くと喜びます。






kamakoubou at 03:56│Comments(0)釣り 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋田の阿仁川パラダイスで鮎解禁阿仁川鮎釣りキャンプ3日目