炊飯実験耳川川下りの準備

2019年12月17日

炊飯実験 応用編

鉄は熱いうちに打て。

ポリエチレン炊飯を極めるのだ。

いや、昼に腹減ったので、、、

同じ味を1合は少し飽きますよ。
ゴロゴロしているのに、昼に一合は食べ過ぎじやね?

4勺を2つ。

IMG_6313

これはピラフの材料。

IMG_6312

こっちはシメジご飯です。

IMG_6314

同時に2種類の炊き込みご飯を作ります。

沸騰したお湯に入れて20分。蒸らしも必要ないですよ。

色味が似てるから分かりにくいですが、パセリのある方がピラフ。バター風味の洋風味。
反対側はシメジご飯。醤油とカツオ節の風味ですよ。

奇跡的にどちらも美味しく出来ました。

IMG_6316


おいら天才じゃね?(違)


ポリエチレンの袋はとても有用なのはわかった。
ただ、問題が1つ、、、2日も続けたら飽きた(爆)。


新しいネタを求む(笑)。







↓ポチッとして頂くと喜びます。 



kamakoubou at 20:41│Comments(2)グルメ 

この記事へのコメント

1. Posted by 初老ライダー   2019年12月18日 07:52
へぇ〜、炊き込みご飯もできるんですね。
米に芯は残らないですか?
この場合は少し長めに熱しますか?
(^。^)
2. Posted by なんでも屋   2019年12月18日 08:31
>>初老ライダーさん

時間は20分程で白米と同じです。蒸らしは無くても芯は残りません。魚介出汁でサフラン入れたらパエリアも出来ますよ(多分(笑))。おコゲは出来ないけど。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
炊飯実験耳川川下りの準備