築炉開始燃焼筒建立

2012年08月28日

燃焼室観測窓の製作

ロケットストーブの最大の欠点である「炎が見えない」のを改善すべく、ロケット
ストーブ史上初の燃焼室観測窓を付けるのだ。

とはいえ、やることは簡単。
耐火レンガにこんな切り欠きを作って...耐熱ガラスをはめ込むだけですよ。

IMG_1273



そこで、耐火セメントの出番なのだ。アサヒキャスター13T。
25キロも買っても余ったものの始末に困るので、5キロで小売してた奴を入手
してあったのだ。

IMG_1271


アサヒキャスターを写真で見た感じでは、石膏のような真っ白なサラサラしたも
のを想像していたのだが...実物は耐火モルタルとそっくりな灰褐色。
水を混ぜると...ザラザラとして耐火モルタルよりはるかに使いにくいですよ。

四苦八苦してなんとかガラス窓固定。
この写真がすべてを物語る。全然奇麗にできないし。

IMG_1275


翌朝乾燥したら少し白っぽくなった。

IMG_1276


後で石膏でも使って見栄えを良くするかな?




↓ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おぜき   2012年08月28日 20:41
 これ家の中でしょ
ちょっと片付けてと言われても
どうしようもないじゃん
完全に固定だよね。
2. Posted by なんでも屋   2012年08月29日 08:26
☆おぜきさん

夏場は部屋のオブジェです(笑)。
マンション売ることになったら困るなぁ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
築炉開始燃焼筒建立