御殿場で作業エンジン組立て(その1)

2008年07月18日

トランスファーのオーバーホール(分解編)

悪戦苦闘の末、インテークバルブという特殊工具に気がついてミッションからトランスファーを切り離したのは昨年の11月のことであった。

98997ab0.jpg


このトランスファーが、金沢から我が家に届いたのが今年の1月。

それから半年、数々の困難を乗り越えて、ようやくクラッチまでたどり着いた。
これは、その苦難を乗り越えた男の血と汗と涙と笑い?のドラマである。

まず最初の関門がトルクスボルト。

a3632d6c.jpg


ちゃんとした道具さえあれば簡単なのだが...

8cdfe735.jpg


こうやって緩めるまでに、大雨の中ホームセンターまで渋滞の道を3往復もしたのは内緒である。
ボルト一本に一日仕事。(馬鹿)

日を改めて...
オイルが臭いので、仕事場をベランダに移動。
オイルポンプを外して...

870dac1e.jpg


カバーを外そうと悪戦苦闘...
どうやってもカバーが割れそうで外れない。
くじけそうになったおいらの目に映ったものは...困った

こんなところに隠れたボルト!それも2本も...
隠れちゃいねぇだろ!怒り>ぢぶん

35676ec1.jpg


まぁ、カバーを割らずに済んで良かった。
ボルトさえ無ければ比較的簡単に外せる訳で...
ドライブチェーン登場。

a65f1b59.jpg


続いての作業はドライブチェーンを外すことなのだが、ちょっと気になったので、ドライブチェーン外しの後で出番となるギアプーラーをあてがってみた。

44864588.jpg


届きまへんがな!困った
またも作業中断。

しばらくその存在を忘れていたある日、ふと閃いた。
届かないなら腕を長くしてやればいいんじゃない?
もっと早く気がつけよ。>ぢぶん

という訳で朝からホームセンターを巡って材料の調達&ギアプラーの改造。

3a412528.jpg


ちょとだけ苦労して既にドライブチェーンは取り外し済み。

17ded88a.jpg


なははは、知恵の勝利ぢゃ。

クリアランスを計測した後にプレート類を取り出して測定。

40b99476.jpg


6.6mmのリテーニングプレートの手配が必要なことがわかった。

こうして、長く苦しい戦いは男の勝利で終わった。
パチパチパチパチ。

何か忘れていませんか?>ぢぶん
はっ、組立て...
暑いのでしばらく忘れていよう。(爆)


at 18:48│Comments(0)整備 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
御殿場で作業エンジン組立て(その1)