バネの交換リアブレーキの調査

2007年03月19日

エアフロ交換未遂

調子良く走ってはいたのだが、一度だけエアフロ電圧の急降下を観測。
こりゃ本格的におかしくなって走れなくなる前に交換しとこー、ということでばらし始めた。

6f7be625.jpg


ヤフオクでゲットしたこいつに交換...しようとして試しにカプラーに接続して出力を見る。
0.08V???
うーみゅ、本来ならば0.4V前後ないといけないはず。

太いの突っ込んだのでカプラーががばがばになって12Vが接触不良らしい。
色々と細工してどうやら接触したら...出力5.1V。ご臨終してますた。

846701aa.jpg


仕方がないので、ブローバイオイルでベトベトのついてたエアフロをお掃除して再装着。
外す前に良否確認をすべきであった。(反省)
でも、エアフロの掃除ができたからいっか。ついでに、何故か入っていなかったOリングも追加。

62688a96.jpg


で、結局、不良品1ペア。
どちらも出力5V固定。

a2868c5c.jpg


このまま捨てるのも癪に障るのでヤフオクへ(嘘)、ばらして構造確認開始。

9b051319.jpg


どうせ壊れているのでどーなってもいいやと、無理やり基板取り出し。
じっくり観察するも、壊れていそうな部品も割れてる半田部も見当たらず。
ま、見ただけで故障がわかるような電子回路なんかない訳で...

適当にあちこちハンダ盛りして、組み立て。蓋をする前にもう一度車につけて動作確認。ありゃ?治った笑い音符

041ec069.jpg


蓋してシール。ただいまシール剤の硬化待ち中。

e8ed1929.jpg


考察
・エアフロの原理
抵抗に電流を流すと熱が発生する。ある一定の温度になるだけの電流を流すのに必要な電圧がどれだけかを計測してエアの流量に換算している。(多分)
空気がたくさん流れるほど抵抗は冷えるので、たくさんの電圧が必要。

出力が無いということは、12Vが供給されていない可能性が高い?
停止状態で出力がサチっているということは、センサーにいくら電圧をかけても温度が上昇しない=センサーの断線?

今回ダメモトでセンサー付け根にもハンダを盛ったので、断線?していたセンサーが生き返った?

なんにしても、これを使うにはカプラーの交換が必要ぢゃ。(爆)
もう一個のダメエアフロも同じようにやってみよう。

えー壊れたZ32エアフロを無償で引取ります。(爆)


at 10:20│Comments(0)整備 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バネの交換リアブレーキの調査