行きつけのお店添加剤

2005年07月08日

圧縮回復剤

なんでも屋カーはもうすぐ走行10万キロを達成する。
これだけ走ったエンジンなので、少しでも状態を良くできないか考えた。
普通ならオーバーホールを考えてもいい頃だろう。

しかし、回りに悪い仲間が多いので、ヘッドを降ろすとした途端、
やれ、せっかくだからエンジンごと降ろせだの、
やれ、エンジン降ろしたらボーリングでニッパチだぁ!だの、
やれ、当然ポートは削るんでしょ?だの、
やれ、タービンは何にするの?だの、
五月蝿いことこのうえなくなるのは目に見えている。
一番の問題は、その雑音を聞き流す自信のない豆腐のような意思しかない自分。(自爆)

そんな訳で、お手軽ケアということでケミカル剤に頼ってみることにする。

ニューテック NC-202
8bfb7c5a.jpg

NC-202は即効性があり、施工後わずか30分のアイドリングでシリンダーの磨耗を修復しエンジンの圧縮圧力を回復させ、弱ったエンジンの出力回復とノイズを低減させる効果があります。
なのだそうな。

暖機後にプラグを外して、プラグ穴より1気筒あたり10ccずつ注入する。
5ae82bb1.jpg

当然ながら暖機後のRB26はあちー!怒りのだ。

んで、点火!
e81ec1b0.jpg

燃焼室で謎の液体が燃えて煙がもくもく...
ウェーターハンマーでコンロッドが曲がったどうしようかと心配したけど、多分杞憂に終わった。多分なのはエンジンの中で見えないから。

30分のアイドリング後、100キロほど3000回転以下で走って施工終了。

その効果たるや驚くべし。
6000円もしたのにわからない。(;_;)
そういえば、ほんの気持ちだけエンジンの騒音が少なくなったような気もします。いや、6000円もしたのだから静かになっているのに違いない。そういうことにしよう。

そんな訳でおいらのエンジンは10万キロ近くも走ったのにほとんど劣化してなかったようです。(違)


at 15:51│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
行きつけのお店添加剤