車の仕様1サーモスタット交換

2005年04月30日

ブーストコントローラー

もうやる事なくなったはずだったのだが...
暇だとついついいけないことを。(笑)

なんでも屋の車はブースト設定1kとなっている。だが、世間一般で言うところの電子式ブーストコントローラーはついていない。無くてもブーストアップできるから。
予算の関係で買えないなんて、見栄っ張りには口に出来ない。

04cd698d.jpg
この赤い↓の先にあるのが、なんでも屋特製ブーコン

取り付けは簡単だけど大変。だってRB26DETTだから。狭い隙間に腕を突っ込んでキーキーいいながらの作業となります。













00fe05fd.jpg
ブーコンの秘密

なんのことはないオリフィスを追加で入れるだけ。

ただし、このオリフィスの径が大事なのだ。
真似してエンジンを壊しても責任は持てません。


なんでも屋の調べによると、年式によって設定できるブーストが変わっているらしい。
前に乗っていた元年式では1.5mmで1k程度であった。
今のH6年式に1.5mmのオリフィスを入れて試乗したところ、ブーストメーターの針は、あっという間に1.5k以上まで跳ね上がった。あー、危なかった。スクランブルブーストで0.3秒くらいなら大丈夫みたいだ。(違)

H6年式の場合、
2.5mm 約1k
2.0mm 約1.2k
といった結果が出ている。

車両の個体差があると思うので、鵜呑みにしないように。
上記はPMC(だっけ?)バルブのオリフィスは抜いた状態である。
                     ↑これを残しているRオーナーはいるのだろうか?

815c48b0.jpg
タービン保護のために買ってきたデチューン用ドリル。
予定では1.1kほどになるはず。

















しかし、せっかく上がったブーストを落とすことを、欲張りななんでも屋にできるのか?
タービンの無事を祈ることとする。

タービンもそうなんだが、先日ブースト1kでも妙な動きをしたタコメーターも気になる。クラッチも逝きそう。


at 08:58│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
車の仕様1サーモスタット交換