2009年12月

2009年12月21日

空燃比計の装着

昨年の暮れ近くになって買い込んでおいた空燃比計であるが、装着するの
が面倒でキャリブレーションをした後に放置してあった。

秋になってようやくメーター部のみ装着。
フロントパイプの加工も済んだ。
しかし、肝心のセンサーは未だ部屋の中...役にたたんじゃん。

ROMいじりも壁にぶつかったので、ついに重い腰を持ち上げてセンサー装着。

3be6f078.jpg


自家製の簡易リフトにて作業開始。


e266b2fa.jpg


まずは、触媒の遮熱板を外してケーブル取り回しのための取り付け穴加工。


9121a38c.jpg


助手席を取り払ってケーブル引き込みの準備。


c1d37989.jpg


純正の触媒温度センサーの穴を使うのだ。


cc53dada.jpg


ついでにくたびれた触媒温度センサーを交換しようと...
昔に32用ということで貰ったセンサーなのだが?
センサーの形状も違えばコネクタの形状も違う。何用だろ?


5c0bb1d4.jpg


とりあえず空燃比計のケーブルを車内へ引き込む。
苦労の末、なんとかできた。


d9bf1802.jpg


制御部の取り付け。
まるでこの日を予見していたのかのような取り付け部が準備されていた。


71a2ac17.jpg


午後一杯かかって、なんとか稼動開始。

その後一週間でROMのセッティングが完了。
おいらのこの一年は何だったんだろう?
買ってすぐに装着してれば、昨年のうちにセッティングが完了していた
のか?
ま、一年間楽しめたってことで。(笑)
Kなんか適当でもそこそこ走るセッティングはできるようだ。

恐るべし威力なり。>文明の利器
恐ろしく馬鹿なり。>おいら(自爆)


at 13:03|PermalinkComments(4)整備