2005年07月

2005年07月30日

オイル交換

そんな訳でさっそくオイル交換。

今までのオイルはレッドライン15W-50
今度のオイルはAMSOIL 2000シリーズの20W-50
知らないオイルなんだが、アメリカではレッドラインよりクラスが上らしい。
1Qtで$6が$8の違いらしいが。

正規ルートでは日本には入っていないらしい。なんでも屋jはここで買いました。
これを読んで購入される方は、「なんでも屋に聞いた」と一言お伝えください。商品が20%割引に...なるわけありません。多分あちらはなんでも屋をご存知ないはず。

しかしなんでオイルは日本で買うとあんなに高いのだろう?

それはおいといて、オイルの交換。
目的が先日添加した添加剤を抜くことなので、フラッシングもやりたいところだが、フラッシングオイルは内部に残るわけで、添加剤とフラッシングオイルのどちらがエンジンに悪いか考えたらどっちも似たようなものだろうから費用が余計にかかるフラッシングはやんない。

狭い隙間に手を突っ込んで泣きながらオイルフィルターを外す。
オイルが抜けやすいように暖機済みなので当然熱い。むちゃくちゃ熱い。
そんでもって今日はむちゃくちゃ蒸して暑い。(泣)
2f9a820c.jpg

外したフィルターは純正とこんなに大きさが違っていた。なんだろこれ?

しっかりオイルが抜けたので、新しいオイルを注入。
先日怪しい粉を攪拌するのに使ったペットボトルの片割れが役に立った。
0b2aeef7.jpg


おっとっと、オイルを入れる前にオイルフィルターを装着せねば。
8704f99e.jpg

しかし、どうやって入れるんだろう?
頭の体操をしながら半泣きで装着しました。

これ読んで交換しようと思った人はやめたほうがいいです。
オートバックスで500円出せば交換してくれるんだもん。

んで、ドボドボドボドボ...
a3a09e2e.jpg

5L入れてゲージのアッパーまででした。

これで心置きなく回せるぞ。
メタルクリアランスが少し広がって、軽いエンジンになったに違いない。(嘘)

20W-50と固めなので、さすがにアイドリングからのレーシングでは回転が少し重い感じです。ただ、エンジンは驚くほど静かになりました。怪しい粉を入れたよりもっと静かです。これなら変なものはいらないぞ。

それでも気になるNNL690(爆)
誰かくれないかなぁ?(大甘)


at 18:37|PermalinkComments(2)

2005年07月29日

添加剤の功罪

なんでも屋はお気楽人間である。
え?そんなのこのブログ読んでたらすぐわかる?・・・ごもっとも。

その後色々調べてみた(やってから調べるってか?(自爆))ら、各種添加剤には賛否両論が渦巻いているようだ。

読み物としてもなかなか面白いところを以下に紹介する。
反対派? こちらの実験室
       こちらのTrouble Busters

賛成派? こちらの総目次

反対派は実際に調子の悪くなった方やその目撃者、広告の怪しさから信憑性に欠けるとする意見から実際の潤滑理論からの反撃等々...具体的な実験結果からNGとする方もいらっしゃいますが、これを反対派とするかは意見の分かれるところかも?(笑)

おいら的に思うに、エンジン内部には条件の異なる潤滑を行う部分が各種あるのが問題をややこしくしているのではなかろうか?
クランクメタル、ピストン、カム、その他のギア...

で、前に添加した怪しい白い粉。
確かにエンジン騒音は減少した。これはおいらの耳で確認した。
音の減少=フリクションの低減と考えていいと思う。これも体感した。

なじぇだろう?
マイクロセラのホームページには超微細な粒子が金属のでこぼこ埋めて理想的な潤滑を行う..ウンヌンとの説明がある。

ちょっと待て。
シリンダ壁にあるでこぼこはオイル溜まりを作ってオイルで潤滑するためにわざわざ機械加工してまで作ってるんじゃなかったっけ?
埋まったらいかんじゃん!

メタルって触ったことありますか?爪でキズがつくほど柔らかな金属でできてます。
その表面のでこぼこもホウ素の粒子が埋めていくんだそうな。
爪でキズがつくようなとこに粒子が入り込んだら切削されちゃうだろう!
超微粒子コンパウンドは潤滑油に混ぜたら超潤滑油になるのだろうか?

否!

ま、これはコンパウンドと原料とホウ素の違いもあるだろうが...でもマイクロセラをオイルで溶いたら、超微粒子コンパウンドになりそうな気がするのは気のせいだろうか?(^^;)

こうやって書いていたら気持ちが固まりました。
週末の作業はオイル交換でし。(核爆)

次はNNL690じゃ!これなら粒子がないので安心。(大馬鹿)


at 10:27|PermalinkComments(0)

2005年07月22日

添加剤

圧縮回復剤の効果はいまいちであった。
やはり体も財布も楽をして性能を上げようなどと考えてはいけないようだ。

こうなったらオイルでなんとかならないかとWEBを徘徊していたら偶然こんなとこを見つけた。

おお、なんとすばらしい!#全然懲りてないやんけ

マイクロセラ?マイクロフロン??
なにか記憶に引っかかる名前?なんでも屋家の物置には、何故かこの物体が転がっていたのであった。(爆)
今を去ること20年ほど昔、紅顔の美青年であったなんでも屋が、かのドイトの聖地東急ハンズでバイクのエンジン用に購入したものであった。

20年も売られ続けている製品がまがいものの訳がない。おまけにあの東急ハンズでも売ってたんだぞ。
ということで、ひさびさに試してみることにする。

当時はオイルキャップから粉のままでぼとぼと入れてたものであるが...
50eeaec0.jpg


RB26DETT様に注入する訳であるので、ホームページを読んで使い方もちゃんとわかったことだし(昔は知らずに使ってたんかい!困った)きちんとオイルで溶いて入れることとする。
HPでは乳鉢を使うとのことであったが、蕎麦の水回しだってそんなもの使っていないことだし、ペットボトルと割り箸で十分。
使うオイルは超高級レッドライン。平行物だと安いのだ。

怪しい液体となったブツを友人のエンジンに...
だって、自分のに入れる前に試さなきゃ。
21ea4c0c.jpg

嘘嘘、おいらのにはちゃんと先に入れてみました。

で、その効果のほどは?

わかりません

気持ちエンジンが静かになったような気もするかも?

さて、オイル交換はいつやろうかな?(核爆)

追記(2005/07/25)
添加したのが7/17。その後一週間、走行は約200キロ。
ボンネットを開けて作業中に気が付いたのですが、驚くほどエンジンが静かになりました。またまたバルタイ・ROMをいじったのでパワー面での違いはわかりませんが、心なしかピックアップが良くなっているかも?

おいら的には合格です。


at 10:38|PermalinkComments(0)

2005年07月08日

圧縮回復剤

なんでも屋カーはもうすぐ走行10万キロを達成する。
これだけ走ったエンジンなので、少しでも状態を良くできないか考えた。
普通ならオーバーホールを考えてもいい頃だろう。

しかし、回りに悪い仲間が多いので、ヘッドを降ろすとした途端、
やれ、せっかくだからエンジンごと降ろせだの、
やれ、エンジン降ろしたらボーリングでニッパチだぁ!だの、
やれ、当然ポートは削るんでしょ?だの、
やれ、タービンは何にするの?だの、
五月蝿いことこのうえなくなるのは目に見えている。
一番の問題は、その雑音を聞き流す自信のない豆腐のような意思しかない自分。(自爆)

そんな訳で、お手軽ケアということでケミカル剤に頼ってみることにする。

ニューテック NC-202
8bfb7c5a.jpg

NC-202は即効性があり、施工後わずか30分のアイドリングでシリンダーの磨耗を修復しエンジンの圧縮圧力を回復させ、弱ったエンジンの出力回復とノイズを低減させる効果があります。
なのだそうな。

暖機後にプラグを外して、プラグ穴より1気筒あたり10ccずつ注入する。
5ae82bb1.jpg

当然ながら暖機後のRB26はあちー!怒りのだ。

んで、点火!
e81ec1b0.jpg

燃焼室で謎の液体が燃えて煙がもくもく...
ウェーターハンマーでコンロッドが曲がったどうしようかと心配したけど、多分杞憂に終わった。多分なのはエンジンの中で見えないから。

30分のアイドリング後、100キロほど3000回転以下で走って施工終了。

その効果たるや驚くべし。
6000円もしたのにわからない。(;_;)
そういえば、ほんの気持ちだけエンジンの騒音が少なくなったような気もします。いや、6000円もしたのだから静かになっているのに違いない。そういうことにしよう。

そんな訳でおいらのエンジンは10万キロ近くも走ったのにほとんど劣化してなかったようです。(違)


at 15:51|PermalinkComments(0)

2005年07月06日

行きつけのお店

お店であってショップではない。(笑)

なんでも自分でやっちゃうなんでも屋には、行きつけのショップは無い。
工賃が出せないからだとの噂もあるが...

今回はちょっと息抜き、行きつけの飲み屋紹介。
ただでさえ混んでいるのがさらに混んでなんでも屋が入れなくなると困るのだが...
このブログのアクセス程度じゃそんな心配はないか。

「燦坐」(さんざ)
神奈川県大和市中央林間5-10-1
? 046-271-3033
東急田園都市線の終点あるいは小田急藤沢線の中央林間駅そばにある

美味しい料理と美味しい日本酒がある。
噂によると美味しいワインもあるらしいが、なんでも屋は飲んだことが無いのでコメントは避けることとする。

なんでも屋よりちょっとだけイケ面の働き者のマスター
e40e5302.jpg

料理ができると、手前の伝票のあるカウンターに置かれる。
この席に居ると、自分に出てきたものと勘違いしてつい手を伸ばしてしまう。(爆)


飲んで食べるのに一生懸命で写真撮る前に箸をつけてしまった。(笑)
キンメの酒蒸し
ポン酢も絶品!
ba9c92ee.jpg

奥の皿は写真に収め忘れた刺身盛り合わせの残骸。(笑)


手前はタコのから揚げ奥は〆鯖
c471331d.jpg

日本酒は右上に写ったようなおしゃれな入れ物でサーブされる。
この夜のおいらのお気に入りは


自家製パンチェッタのチーズ焼き
b669feef.jpg

日本酒よりビールかワインのほうがいいかも。


最後の締めに和風オムレツ
これはんまい!しかし問題は一人で食べるには量が多すぎる。
4ed5bece.jpg

そんな訳で、ご一緒してくださる女性を募集してます。(笑)


最近人気が出てきていつ行っても満席。複数でお出かけの際には電話で確認してからのほうが無難です。この日も入れなかった人が居ました。


at 14:59|PermalinkComments(0)