2005年06月

2005年06月29日

バルタイの考察

先日長文を書いたのが消えてしまって、やる気を喪失してました。
ようやくバルタイのセッティングが決まった(何度目なのか?(爆))のでまとめておきます。

購入時には既に東名のポンカムが入っていました。調べてみたところIN/EX共260°のものでした。これに頂き物のスライドカムスポロケットを装着して色々とバルタイをいじってみました。最終的にはIN96°/EX105°の仕様で収まりました。

ここでわかったこと。
・INはいじくっても体感ではあまり感じられない →おいらは鈍いのか?
 だったらピストンがバルブに当たる寸前まで進めておくのが男らしいだろう。(違)
・EXは進めるとブーストの立ち上がりが良くなる。でも上で詰まる。遅らせるとブーストの立ち 上がりは悪くなるが、上の伸びが気持ちいい。

上記のセッティングは上で気持ちよく回すものでした。

欲張りななんでも屋は考えた。
「EXの閉じるタイミングは今のままで、開くタイミングを10°早くしたら上の伸びはこのままでブーストの立ち上がりが良くなって最高のエンジンになるのではないじゃろか?」

さっそくヤフオクでIN260/EX270のカムを手配した。
が、届いたカムは何故かIN270/EX260なのであった。
それに気が付くのは交換してしまった後なのであるが...

メーカーによると設計中心角はIN111°/EX117°だそうな。
プロフィールをお絵かきすると下記となる。
c7528532.jpg

IN側はこの状態で組んで内視鏡で確認したところ、既にピストンとバルブのクリアランスには余裕のない状態。遅らせるのは可能だが、進めるのは危険である。
あれ?ポンカム時は-10°のカムで15°進んでいたこと(カムの開き始めが10°早い)になるのに?それじゃバルブが当たっても不思議じゃないぞ?
もしかしたら、ベルトのカム山が狂っていたのかも?

1c2bacbb.jpg

EX側はポンカム時にはさらに12°遅れていたことになる。105°までは大丈夫?
カム山が狂っていたかもしれないとなると、山勘でいじくるのは危ないかも。

遅らせるほうには危ないけど、進めるほうには平気。
ブーストの立ち上がりを良くしようとEX側を125°まで進めてみた。
予想どおり、すばらしいブーストの立ち上がり。あっという間にフルブースト。でもあっと言う間にトルク頭打ち。

燃料が足りないのかな?と燃料MAPを濃くしてみる。
トルクは出たけど、回転の上がる速度はいまいち。

121°...まだ上が気持ち良くない。
117°...は、推奨バルタイだから面白くない
115°...うーん上も下も中途半端だ。

とりあえず、点火MAPをブースト重視に遅らせてみる。ちょっと良くなったか?

色々やってたら訳わからんちんになったので、ピストンの移動カーブを書いてみた。
0e60c0c3.jpg

移動速度が鈍るのが表に線で示した120°から240°までの間となる。

となると、排気バルブを開くのは下死点前60°(260カムだと中心角110°)より遅れたところがいいのか?でもあまり遅らせるとバルブが危険だ。

110°...下がスカスカだ。

点火MAPを進めたものにしてみるとトルクが出てきた。でもまだ下はスカスカ。
という事は、これ以上EXを遅らせても効果は薄いってことか。110-115の間に良いとこがあるに違いない。

113°...こんなもんで勘弁してやるか。

という訳で、今のところはIN111°/EX113°のバルタイに落ち着いています。


at 10:51|PermalinkComments(0)

2005年06月20日

ブレーキパット交換

サーキットで効きが今ひとつだった正体不明のブレーキパットを交換した。

てっきり前後にプロジェクトμが入っているものだと思っていたら、フロントは緑だがリアは青かった。リアに入っていたのはエンドレスのようだ。フィーリングが悪かったのは前後のバランスが悪かったせいもあるのだろうか?

日光サーキットでこいつを入れた知人の車を運転させていただいたところ、なかなかの制動力であった。もうひとつモニターさせていただいたパットがあったのであるが、そちらも悪くは無かったが、お値段に負けてしまった。

アクレ レーシングRA
カタログスペックはμ0.4-0.55、温度域150℃~800℃と十分である。

装着したところ、今までとは明らかに違うゴリゴリとしたフィーリングにちょっと鳴きが心配である。

ちなみにこのメーカーにはもっと廉価版のパットがあるが、GT-R乗りには評判が良くない。おいらも実車に乗ってみなければ購入はためらったと思う。

パット交換のついでにブレーキのエア抜きも行った。
エアを抜いたはずだが、ペダルは作業する前よりフカフカになった。15年ほど経った骨董品のワンウェイバルブがいかれていたようだ。ダメダメじゃん。

エアを噛んだ状態でもブレーキの効きは良くなった。当たりが出るとさらに良くなるに違いない。早くエアをちゃんと抜かねば。


at 14:14|PermalinkComments(0)

2005年06月18日

電動ファンの制御

暑くなってきたので、渋滞対策で補助電動ファンを任意に回す改造を施すこととする。

ま、詳しい話はここを参照してください。(爆)

水温スイッチを短絡して、ROMのアドレス(78B3h)をいじくればエアコンON時に任意の水温で電動ファンを回すことができるらしい。適当な性格のおいらは「回しっぱなしでいいじゃん」とも思ったのであるが、どうせ燃調を取るついでなのでいじくってみることとする。

まずはお手本どおり7Ch
エアコンONの状態でめでたく84℃で電動ファンが動き始めた。パチパチパチ。
82℃より下がらないので、停止温度は不明。

気になったので、サーモスタットの開く温度を調べてみた。
84℃でラジエターの水が流れ始めた。
???

♪希望の星のテーマ♪
「なにかが違う」となんでも屋の野生の勘がささやいた。
そこからなんでも屋の暑く苦しい戦いが始まった。
(テーマ曲終了)

サーモスタットが開いてないのにファン回しても意味ねーじゃん。

続いて7Fh
電動ファンの動作開始温度は87℃となった。
停止温度は84℃。

んーこれいいじゃん。

なんにもしなくても90℃で回り始めるらしいが...たった3℃に何の意味があるのか?
ま、他人と違う仕様になったということで満足することとしよう。(笑)


at 04:42|PermalinkComments(3)

2005年06月08日

サーキット再デビュー

今は去ること十ン年前、なんでも屋はBNR32でサーキットをバリバリ走り回っていたのであった。

ようやく車もある程度出来上がったし、加速でノーミソを置いていかれることもなくなったので錆び落としのためにサーキットに再デビューしてみた。

6月4日 日光サーキット
6月7日 筑波サーキット

とたて続けである。

目論見としては、日光で軽く錆びを落として筑波で本格デビューを華々しく飾るはずであったが...

錆を落としたらなんにも残っていませんでしたぁ!残念。

いずれも当時の4秒落ちのタイムでした。なさけなや。
車にはまだ余裕があったが、人間が限界じゃ。

かくなる上はSタイヤでも履いて車の限界をさらに上げて...あ、おいらが車についていけないので猫に小判って奴か。

結果は求めず、ぼちぼち楽しむことにします。


at 18:00|PermalinkComments(2)