2006年03月07日

排気漏れの原因

排気漏れの原因

c4790e27.jpg


完全にガスケットが抜けてました。
いくら締めても排気漏れが止まらないわけだ。
中古のガスケットを使いまわすとこうなります。

インジェクター交換してる横で、フロントパイプを外していたRが居ましたがお仲間でした。(爆笑)

写真撮るのを忘れてましたが、ノーマルガスケットはメタルになっていました。
ちょっと加工してヘッドガスケットにすると格安でできるかも?できません。


at 16:57|PermalinkComments(2)

2006年03月06日

特殊工具

今回のインジェクター交換においては、特殊工具が大活躍した。

まずは、Y氏が持参した魔法のペンチ?
硬い燃料フィルターのパイプをさくさく切断...

6d3555a9.jpg


V字になったペンチの先にパイプをはさみ、ぐいっと握り締めるとあら不思議。
ゴムパイプが簡単に抜けるだす。
12年物の硬い燃料パイプも比較的簡単に抜くことができました。

今度おいらも買ってこよう...と思ったけど、もうパイプ抜くことないような?

続いては暗いエンジンルームを照らす自作のランプ?

2c9563cf.jpg


否。
たまたま居合わせたA氏考案による、簡易インジェクターチェッカーなのだ。

2aeecd9b.jpg


電球経由で(レジスターの代わり)バッテリーの12Vをインジェクターに直接かけてやる。
導通があればライトが光る。
ライトが光ればプランジャーが動く。
プランジャーが動けば、カチカチ音がしてわかるのだ。
ピカリ。しーん...悲しい体験を4回経験した。

使用上の注意が一点。
デリバリーパイプにはガソリンが入っています。
んで、端子に電線を接触させると火花が出ます。
火災には注意してね。炎
おいらの横には消火器が用意されていました。(爆)


at 16:53|PermalinkComments(0)

2006年03月05日

インジェクターその後

昨日捨ててきた車を治しに御殿場まででかけてきました。

交換したのは燃料ポンプとインジェクター。
(セルを)回せども回せども、わがエンジン掛かる気配なし。じっと手を見る。

一番と五番だけがビショビショだけど、他はカラカラ。なーじぇ?
インジェクター配線繋がってる?
インジェクターの抵抗は?
ポンプ動いてる?
燃料来てる?
燃圧かかってる?

あーでもない、こーでもないと原因を探っていくと...

あっと驚くぅ、なんでも屋ぁ~♪

なんと、新品で買ったサード製インジェクター6本のうち4本が仕事しておりませんでした。

呆然と天を仰ぐなんでも屋...
せっかく装着したインジェクターを外していくのであった。

ノーマルに戻そうにもコネクタは既に一個構造調査のために破壊してるし、配線ぶった切っているので戻すにも戻せない...

ここは仕事さぼってる奴に活を入れるしかなし。
根性注入棒にてガツンゴツン!と気合を入れてやりましたところ、さしものサボリインジェクターも渋々働き出しましたとさ。

いやぁ、めでたしめでたし。
こんなこともあるんですねぇ。
これからインジェクター交換をお考えの方には加工のいらないニスモ製を(強く)お勧めします。
サード製の燃ポンはニスモ製と同じとの情報もありましたが、全然別物で加工が必要です。こちらもニスモ製を強くお勧めします。
苦労は買ってでもしろという方にはサード製が安くていいです。

二日に渡りご指導ご協力いただきましたY氏、ならびに軒先や工具をお借りしましたらK氏に深く感謝いたします。


at 22:43|PermalinkComments(0)