2006年10月10日

エア抜き

足もしっかりしてそこそこに走れるようになったので、ひさびさにブレーキのエア抜きを行った。

フロントのディフューザーを装着してから、何故か山を走ってもブレーキにエアが入らなくなったような?フェードもしなくなったような?

いつもの場所でジャッキアップ。
何度やってもフロアジャッキは楽だぁ。

3d479e8c.jpg


エア抜き工具一式。
上から、
ダイソーの11ミリコンピネーション。
20年選手のワンウェイバルブ付きホース。
500ccペットボトル。
なんでも屋特製の針金SST。

53c142d1.jpg


SSTでペットボトルをキャリパーに吊るしてエアを抜くべし。
やはりフロントにはエア噛んでなかった。

490b0da1.jpg


ブレーキができたら、サージングの原因を探るべくバルタイを。
とりあえず簡単に触れるIN側を104→110へ。

9fe822f9.jpg


なんとなくサージング無くなったような?
街乗りでも不満はない。ほんのごく一部でひっかかるか?

オーバーラップを減らしたら良くなったので、EX側も124→122へ。

んー?いいのか?
34N1でサージング出るなんて話は聞いたことなかったけど、普通のバルタイにしたら治った。普通の人には経験できない体験ができたらしい。(笑)

今夜お山で踏んでみるか。


at 14:56|PermalinkComments(1)

2006年10月09日

季節の風物詩

全然綺麗に写ってないけど...

霧が峰での十六夜(いざよい)の月。
32のAピラー越しのアングルで狙ったのであるが...

635af984.jpg


夜明けのコーヒーを二人で飲むの図
お相手はぐっちーさん、ざんねーん。(爆)

5cb51430.jpg


こ、これが出来ないと帰れない...
すがすがしい高原の空気を胸いっぱいに吸いながら、何故かグリスまみれの真っ黒な手で作業中。

6467439b.jpg


紅葉にはまだ少し早い高原の中を...

ae86c32f.jpg


双葉SAで充電完了したら...
ドン!ドン!ドン!
実は花火の音で起こされたのだ。

90546c52.jpg


写真提供:な⇔お氏


at 21:39|PermalinkComments(3)

足ガタ修理

何故か信州の山の上でこんなことをしてるのであった。

276c820a.jpg


ミミズ君もお手伝いに...おいおい、君にはちょっとでかすぎないかい?

f836cb84.jpg


このピロにガタがあるのだ。
先ほど外したノーマルリンクのピロと交換する。

d98f9b3b.jpg


ギリギリギリ...スリル満点なのだ。バンッ!と外れる。

0209ed7a.jpg


学習してナットをかませているのが画像でわかるだろうか?

ぐっちーさんが居なければ、最初にノーマルを外した際に飛ばして芝生の中を探し回ったに違いない。

こうして書くと簡単そうであるが、ぐっちーさんにお手伝いいただいて二時間近く奮闘していたのでは?(笑)

お手伝いありがとうございました。>ぐっちーさん
工具ありがとうございました。>Kさん

このときのデジカメ写真をお持ちの方、データ送ってください。(_o_)


at 12:39|PermalinkComments(6)