2006年03月23日

オイルクーラーの装着

車よりも先に手配していたオイルクーラーであったのだが、装着場所の選定に悩んでずーっと暖めてあった。
パワーも出てきたことだし、暖かくなる前になんとかしておかないと、せっかくのエンジンを油温管理が悪くておしゃかにしたのではシャレにならん。

という訳で、会社をサボってお店を広げているの図。
おいらの駐車場は機械式なので作業ができない。お隣さんの駐車場をお借りして...

c6b28fd8.jpg


バンパーはずしたの図。
この後、駐車場の持ち主が戻ってきて大慌てで撤収したのは内緒だ。
平日はちゃんと仕事しろよな!

7d96f82f.jpg


ここに装着するのだ。
先日謎の黒箱を撤去して敷地を確保しておいた。

e5c403e8.jpg


ステーは現物あわせのワンオフ品。
芸術的な仕上がりだす。

8556a66b.jpg


フィッティングの邪魔になる黒い部品があったのだが、ヘッドライトをはずさないとはずせないらしい。あれこれ悩んだのではあったが...配線までぷっちんした体、いまさら...
という訳で、ハンダゴテにお出ましいただいて溶断してしまいました。
んで無事装着完了。

487fe0f1.jpg


レインフォースに繋がるステーも丈夫なアルミ板にしたのだが、バンパーを少しぶつけただけでコアまでつぶれそうなのに気がついてしまった。ここのステーは薄板で作り直すのが賢明かな。それともはずしてしまって二箇所で留まってれば十分かなぁ?

その後、お値段に負けて入手したアールズ#10相当品のステンメッシュ線と格闘の末、敗退しましたとさ。(爆)

アールズのフィッティングを扱ったことのある方でしたらおわかりでしょうが、ホースへの装着がむちゃくちゃ硬くて大変なのね。で入手した相当品ったら、外形が0.1mmほど太いのだ。
標準でも大変なのに、太いってんだからそりゃぁ...
結局サーモのフィッティングには入りませんでした。(;_;)

ゴムなんだから油圧プレスでもあればなんとかなるでしょうが、治具が必要だし...
ただいま対策を悩み中ですが、フィッティング改造が濃厚。油圧のかかる部分を雑なおいらが改造して大丈夫なんだろうか?(自爆)

そんな訳で、ただいまなんでも屋カーにはダミーのオイルクーラーがついてます。


at 06:31|PermalinkComments(0)

2006年03月21日

触媒の交換

タービンを交換してから触媒の調子が悪い。
3000回転ほどで巡航してると、排気温度警告灯が点灯してしまうのだ。
たまたま小田原-厚木道路のPA手前で点灯したので、そのままPAに入ってフロア下を覗いてみた。

あっと驚くぅ、なんでも屋ぁ
そこには鈍く輝く触媒が...(爆)
センサーが壊れたのではないかとの疑いもあったが、センサーはちゃんと温度を計測していたらしい。

触媒が赤くなるくらい気にしなければ平気なんだが(なのか?)、ECUがなんか補正をかけるらしく、エンジンがぼこぼこいって走れなくなるので困ったもんだ。

原因不明につき触媒を交換してしまうことにした。

外したメタリット触媒。
中古で購入して一年でダメになった?
何度も赤くなったため焼きが入っている。

346f7b10.jpg


見た目中身は平気そうなんだが...

b5c575e7.jpg


交換したノーマル触媒

33800d3e.jpg


触媒にしては妙に細いような気がするのは気のせいにしといて欲しい。(爆)

03d7f786.jpg


昨晩見つけた。

e7384fda.jpg


不意の凍結路にも大丈夫なようにスパイクタイヤにしてある。(違)

抜くと不幸になりそうなので、見なかったことにした。(爆)
右のフロントタイヤも同じ仕様なのは内緒だ。


at 17:51|PermalinkComments(5)

2006年03月20日

SSTの製作

現在なんでも屋号に装着してあるマフラーは、大変抜けは良いのであるが、抜けが良いだけに音も凄い(^^;)マフラーなのであった。
いい歳こいて爆音マフラーってのも恥ずかしい話ではあるが、この抜けの良さを味わった後では車検対応に戻るのは難しいかも?

そんな訳で、自宅周辺ではアイドリングもままならないために、インナーサイレンサーの着脱がお出かけ前後の儀式となっている。

せっかく着脱が容易になるように蝶ネジ仕様としたのであったが、熱が入ってでテールパイプが変形したらしく、工具なしではサイレンサーが抜き取れなくなってしまった。
無駄な努力でっせ。>インナーサイレンサーにペーパー掛けしてる人(笑)

ホイルナットレンチを使っていたのであるが、いまいち作業性が悪い。
ついにSSTを製作することにした。

なんでも屋特製インナーサイレンサー抜き工具
e617818d.jpg


ナチュラルな木肌がえもいわれぬ握り心地を提供します。

なんでも屋のノウハウが詰まった特殊形状が、インナーサイレンサーを確実にホールドして少ない力で抜き出すことができます。

ed3f5617.jpg


ま、ただの木の枝を切っただけなんですが...使い勝手はかなり良いです。(笑)

天気のいい日曜日、それだけじゃ時間が余って...
おい、またやってるのか。(^^;)
やっぱROMが詰まってきたら、バルタイでどう変化するか確認したいでしょ。

f91b0dae.jpg


ただいまIN107/EX119(当社比)


at 10:41|PermalinkComments(1)