2006年02月19日

復活

ようやくNAの超遅いかたつむりRから開放された。笑顔

下の記事にあるノーマルタービンを持って交換に出かけたのであるが...
かたつむりRを仲間だと思ったでんでん虫がわらわらと集まってしまった。

795beb70.jpg


朝の10時から始まって、三人がかりで夜中10時までかかって、出来上がってみたら、何故かルマンタービンが乗っかっていました。(核爆)

聞くも涙、語るも涙の大笑い物語の詳細はまた後日。

せっかく出来上がったセッティングであったが、バルタイから燃調含めて、まだ一からやり直しじゃ。困った

でも、うれしーぃかも。笑顔



at 05:40|PermalinkComments(4)

2006年02月12日

タービン交換準備

形あるものいつかは壊れる。
壊れちゃったら治すか捨てるか...

という訳で、なんでも屋の秘密のポケットを探ってみた。
何故かエキマニ・アウトレット付きのタービンセットが出てきたりする。

7ebc73ce.jpg


某所に保管中の34N1タービンを譲ってもいいとのありがたい申し出もあったのであるが、おいらが悩んでいるうちにそちらの方の車に必要になってしまったらしい。合掌(爆)

10万キロ超えたらそろそろ準備(覚悟?(爆))しといたほうがいいようですよ。>32乗り各位

そのまま装着するのも芸が無いので、エキマニでも加工してみるか。
左が加工前、右が加工後

44a31344.jpg


タービンとの合わせ目に妙なでっぱりがあったので削ってみた。
手持ちの砥石は根性が無くて、ほんの気持ち削れただけ。鋳鉄は堅い。
根性が無いのは自分だろ!>なんでも屋

これでも立派な加工済みパーツだもんね。ウインク

色々削って広げるとタービンの効率が良くなるかと思ったが、ノーマルタービンの場合には気にしなくて良いらしい。
作業が減る方向のアドバイスには100%従ってしまうおいらなのであった。(笑)

アウトレットをどうするか悩み中。
33用、34用、社外品...でもどうせノーマルタービンだしなぁ。特製加工済みエキマニがあればいっかな?(爆)

特殊加工といえば...
今のエキマニにも特殊加工がしてあった。
ま、まさか、こいつの切粉が原因じゃねぇだろうなぁ。困った

0fb90d2f.jpg


せっかく外れているので、排気温度センサーの取り付け穴も加工しておこうと思ったのであるが、芸術的な遮熱板の穴との位置合わせができそうにないので、現車あわせで加工することとした。

忘れないでね。>お手伝いしてくれる方(爆)


at 16:12|PermalinkComments(5)

2006年02月11日

出たぁ!

一縷の望みを託して、祈りながら触媒を外してみた。

踏み方が甘かったらしく、大量のカーボンが...

6f1c4aa9.jpg


でも良く見ると...
見ないふりをしてみても無駄であった。

2751a4f0.jpg


仕方がないので、バルタイをNA仕様に。
IN99°、EX101°
思い切って振りすぎて、点火時期があわせられなくなったのは内緒だ。
たったの5°遅れてるぐらい問題ない。(きっぱり)
ま、それほど遅いわけで...

オーバーラップが目一杯ついたせいで、排気音だけは速くなりました。
これならNAの軽となら勝負できるかも?(爆)

さてさて、修理はどうすんべかな。
このまま踏んでると、残るタービンも逝っちゃうよなぁ。
エンジンに回らなかった幸運は二度も続くとは思えないので、早くやんなきゃだわさ。


at 15:35|PermalinkComments(3)