2006年02月04日

バネの交換

お日様に誘われて、前々から気になっていたフロントのバネの交換を行うことにした。
玄関から一歩外へ出るなり後悔することとなる。
冷たい北風が吹いてさみー。

とある街角の風景
二昔くらい前までは、道端でこんな修理風景が当たり前だった。(大嘘)
道端でやったんかい!(自爆)

fa012145.jpg


右が今まで装着していたバネ。左が交換するバネ。
バネレートはいずれも8キロ。
同じレートじゃ交換する意味ねー。(笑)

577314bd.jpg


実は右側のバネは33用で自由長が長いのだ。
間違って買ったんだけど、もったいないから付けたら付いたので付けちゃった。
ただ、車高を落としていくとバネが遊ぶという大欠点があったのだ。ちゃんと考えて専用に作ってあるのね。

そんな訳で33乗りでテインをお使いの方がいらっしゃいましたら、フロントのバネが二種類(え”?(自爆))余っておりますのでお問い合わせください。

せっかくホイルを外したので、前回作業中に気になっていた部分も修復。
黄色い丸の中にご注目!

7f61a474.jpg


ブリーダーのニップルにかぶっているゴムキャップが割れてしまって役に立っていません。ブレーキダストが詰るとやっかいなことになりそうで、思い切ってブレーキが踏めずにいました。(嘘)

日産の部販に買いに行って判明した驚愕の事実!
このキャップだけでは部品で出てきません。
キャリパーオーバーホールキット2800円也(だったかな?)に入っているそうな。

悩めるおいらに天の声が...トヨタにいってみよ。
そんな訳で珍しいショット。(爆)

372b0e5d.jpg


おいらのRにはトヨタ純正部品が組み込まれております。(笑)

82ffbd38.jpg


恥ずかしくないのか?>日産


at 16:46|PermalinkComments(4)

2006年01月15日

サイレンサーその後

なんでも屋カーのサイレンサーがどうなったか?気になって眠れない方がいらっしゃると気の毒ですのでソンナヒトイナイ報告しておきます。

じゃーん!
ぽん!電球と閃いて穴をL型に切り欠きました。
f5b3b4d2.jpg


インナーサイレンサーを押し込んで回すと切り欠きに引っかかって出てきません。
若干右に傾いていたネジも真下を向いていい感じ。
4d802fd5.jpg


ばんざーい!クラッカードンドンぱふぅぱふぅ音量

写真を見るとわかりますが、インナーサイレンサーはテールパイプの内径にぴったりはまってます。
そのためインナーサイレンサーを回転させるにはかなりの力が必要です。
緩めた蝶ネジを持って回しても回らないので、ドライバーを穴に突っ込んで回してやる必要があります。

ん?おいらなんのためにこれ始めたんだったっけ?
工具レスで脱着したくて加工を始めたような気が...困った

そんなささいなことは置いといて、まだやってますROM交換。
66592762.jpg

エアフロ交換以来、既にVer.76。こっちもそろそろ終わって欲しい。



at 17:34|PermalinkComments(0)

2006年01月13日

クラッチフルードの交換

穏やかな朝、出勤の準備をしながら朝のニュースを眺めていたら風邪のウィルスが飛び込んできた。
「週末のお天気は雨でしょう」
お天気ねーさんがそうのたまった。

雨では作業ができない。
いきなり風邪をひいてしまった。(爆)

最近愛車のミッションの具合がよろしくないのだ。
1,2速が入りづらい。色々原因を探っていたのであるが、どうもオイル系が怪しい。
週末にミッションオイルとクラッチフルードの交換を予定していたのを急遽作業繰り上げとした。

ミッションオイルは交換が面倒なので、街のオイル屋さんに持ち込む。
今回はスノコの100%化学合成75W-120。前回は同じ銘柄の80W-140であったが、冬場であることを考慮して少しやわらかくした。
オイル屋のあんちゃんに、
「汚れてますねぇ。もっと交換サイクルを早くしたほうがいいですよ」
と言われてしまった。
半年でまだ五千キロも走っていないんだけどなぁ。サーキットがいかんのか?

続いてジ自宅でャッキアップしてクラッチフルードの交換。

クラッチマスターシリンダーはここだ。
5a73cb22.jpg


中を覗いてびっくり、きたねー
一度も交換していないのか?
いやおいらが買ってからクラッチを一度交換しているので、春には交換されているはず。
こんなに汚れるものなのか?(^^;)
1028b7ad.jpg


下に潜るとニップルが二箇所にある。
なんかブーツが切れてるような気がするが見なかったことに...
47b4ba3d.jpg


右側の四角い箱にはニップル以外に配管が4本。
一本はマスターシリンダーから、一本はオペレーティングシリンダーへ、あとの二本は何なんだろう?クラッチの配管なんだから他に行く必要ないはずなのに?ま、いいか。

で、この二箇所のニップルを緩めてクラッチペダルを踏むとドボドボとクラッチフルードが出てくる。ブレーキも同じだが、マスタシリンダーを空にしないように注意が必要。

緩め方が足りないと何回踏んでもフルードは出ません。←やった(笑)
緩んでない状態でマスターの蓋を開けたままでペダルを何回も踏むと、フルードが上からジャバジャバ飛び出してしまいます。←やった(笑)

ちゃんとニップルが緩んでいれば、クラッチペダルは軽く踏み込めます。二回フルストロークさせるとマスタのフルードはMAXからMINまで減ります。
上からオイルを足しながら、ニップルから綺麗なフルードが出てくるまで繰り返します。

フルードを交換したら笑っちゃうくらいクラッチが軽くなりました。それがフルードが新しくなったせいか、エアが抜けたせいかは不明です。
そういえば、クラッチ交換した当初はこのくらいの重さだったような?
最近クラッチが重いなぁ...と思っている方はフルードを交換してみたらいかが?

クラッチフルードは専用品をご用意ください。
嘘です。ブレーキオイルと同じです。#おいら知らずに教えてもらった(^^;)

で、肝心のミッションの入り具合は?
多少マシにはなったけど、まだイマイチ。こりゃやっぱりクラッチか...


at 13:22|PermalinkComments(2)