2005年06月20日

ブレーキパット交換

サーキットで効きが今ひとつだった正体不明のブレーキパットを交換した。

てっきり前後にプロジェクトμが入っているものだと思っていたら、フロントは緑だがリアは青かった。リアに入っていたのはエンドレスのようだ。フィーリングが悪かったのは前後のバランスが悪かったせいもあるのだろうか?

日光サーキットでこいつを入れた知人の車を運転させていただいたところ、なかなかの制動力であった。もうひとつモニターさせていただいたパットがあったのであるが、そちらも悪くは無かったが、お値段に負けてしまった。

アクレ レーシングRA
カタログスペックはμ0.4-0.55、温度域150℃~800℃と十分である。

装着したところ、今までとは明らかに違うゴリゴリとしたフィーリングにちょっと鳴きが心配である。

ちなみにこのメーカーにはもっと廉価版のパットがあるが、GT-R乗りには評判が良くない。おいらも実車に乗ってみなければ購入はためらったと思う。

パット交換のついでにブレーキのエア抜きも行った。
エアを抜いたはずだが、ペダルは作業する前よりフカフカになった。15年ほど経った骨董品のワンウェイバルブがいかれていたようだ。ダメダメじゃん。

エアを噛んだ状態でもブレーキの効きは良くなった。当たりが出るとさらに良くなるに違いない。早くエアをちゃんと抜かねば。


at 14:14|PermalinkComments(0)

2005年06月18日

電動ファンの制御

暑くなってきたので、渋滞対策で補助電動ファンを任意に回す改造を施すこととする。

ま、詳しい話はここを参照してください。(爆)

水温スイッチを短絡して、ROMのアドレス(78B3h)をいじくればエアコンON時に任意の水温で電動ファンを回すことができるらしい。適当な性格のおいらは「回しっぱなしでいいじゃん」とも思ったのであるが、どうせ燃調を取るついでなのでいじくってみることとする。

まずはお手本どおり7Ch
エアコンONの状態でめでたく84℃で電動ファンが動き始めた。パチパチパチ。
82℃より下がらないので、停止温度は不明。

気になったので、サーモスタットの開く温度を調べてみた。
84℃でラジエターの水が流れ始めた。
???

♪希望の星のテーマ♪
「なにかが違う」となんでも屋の野生の勘がささやいた。
そこからなんでも屋の暑く苦しい戦いが始まった。
(テーマ曲終了)

サーモスタットが開いてないのにファン回しても意味ねーじゃん。

続いて7Fh
電動ファンの動作開始温度は87℃となった。
停止温度は84℃。

んーこれいいじゃん。

なんにもしなくても90℃で回り始めるらしいが...たった3℃に何の意味があるのか?
ま、他人と違う仕様になったということで満足することとしよう。(笑)


at 04:42|PermalinkComments(3)

2005年06月08日

サーキット再デビュー

今は去ること十ン年前、なんでも屋はBNR32でサーキットをバリバリ走り回っていたのであった。

ようやく車もある程度出来上がったし、加速でノーミソを置いていかれることもなくなったので錆び落としのためにサーキットに再デビューしてみた。

6月4日 日光サーキット
6月7日 筑波サーキット

とたて続けである。

目論見としては、日光で軽く錆びを落として筑波で本格デビューを華々しく飾るはずであったが...

錆を落としたらなんにも残っていませんでしたぁ!残念。

いずれも当時の4秒落ちのタイムでした。なさけなや。
車にはまだ余裕があったが、人間が限界じゃ。

かくなる上はSタイヤでも履いて車の限界をさらに上げて...あ、おいらが車についていけないので猫に小判って奴か。

結果は求めず、ぼちぼち楽しむことにします。


at 18:00|PermalinkComments(2)