2005年10月21日

ブーコンの製作

前になんでも屋特製ブーコンは紹介済みだが、お土産にするのにひさびさに作ってみた。

作業場所であるなんでも屋の秘密工場と特殊工具の数々
51f19456.jpg

ただのベランダのように見えるのは気にしないこと。

こんな原始的な工具で精密機械であるブーコンを作り上げるなんでも屋は凄い。

ブーコンの材料一式
上から、6Φ真鍮丸棒、7Φ真鍮パイプ、内径6Φの燃料パイプ
3c00b176.jpg

精密機械の材料じゃないな。

完成したブーコン
1b4d6486.jpg

これで平成6年式だとブーストが1.0kになるはず。

先に差し上げた(押し付けた(爆))方からのモニター報告がまだなので、本当にそうなるかはわかっていない。
が、なんでも屋カーでは1.0kになったことは事実である。


部品工場も公開したことだし、整備工場も公開しておく。
なんでも屋の整備工場は広さが計れないほど広いのだ。(えっへん)
広すぎて屋根は作れない。
30d8ac65.jpg

多分、屋根を作ったら逮捕されるに違いない。

明日のお出かけに備えて道端でオイル交換をしてるの図。
そこいら中どこでも勝手に整備工場にしてしまう。今までの経験で一番整備しやすいのは高速のSAだ。(笑)

オイルが抜けるのに思ったより時間がかかったので、ついでにバルタイも振ってしまった。
ただいまのバルタイIN111/EX113。
完全に元に戻ってしまった...


at 19:03|PermalinkComments(1)

2005年10月16日

カム交換

ばっかじゃなかろうか?自分でも呆れてしまう。
またまたカム交換の巻。

IN作用角270°のカムで良くなったと思っていたのであるが、山を走って気のせいであったことが判明。中速が無くなっているのでコーナーの立ち上がりが遅くなっている。
振動と音でその気にさせられていただけだった模様。
もしかしたら上では伸びているのかもしれないが、普段の山道で遅いのでは...
サーキットに行くときにはまた交換すればいいや。(馬鹿)

という訳で見慣れたエンジンルーム
ん?見慣れないものがあるのにお気づきであろうか?

86c6a1c5.jpg


ボンネットを開けたらラジエターの手前にエクステンションバーが鎮座なされて...前回の作業で置き忘れていたらしい。
全開山走りもやったのに、跳ねて後ろのカムベルトのほうに跳んだらえらいことになるとこだった。(^^;)

整備の後はちゃんと工具を確認しましょうね。
何回やっても毎回何かを学習するなぁ。>自分(爆)

前回学習したのでマーキングもきちんとやりました。
6b348422.jpg


さくさくっとカムを外してしまいました。
f4a2a769.jpg


毎回同じ作業ばかりでもつまらないので、タペットクリアランスの計測も行ってみました。
7518c8c7.jpg


手前一番から
0.45/0.45/0.50/0/50/0.50/0.50/0.49/0.49/0.50/0.51/0.49/0.50
非常に綺麗に数字が揃っていました。
めでたしめでたし...
って、おい!なんか数字がでかくないですか?
なんでも屋カーは湾岸仕様なのでクリアランス大きめなんです。超高回転を連続使用すると、バルブが熱で膨張して圧縮漏れを起こすので、大きめのクリアランスを設定するのが常識になってます。(大嘘)

とりあえず見なかったことにしとこ。(爆)

そんな訳で無事270→260への変更は完了したのであった。
作業時間約二時間半。慣れてずいぶん早くなってきた。(笑)

バルタイはとりあえずIN107°/EX115°から
10分ほど走ってさっそくIN111°に変更。107は上の伸びがいまいちだった。
これで前とほぼ同じ仕様。(前は角度の読み方間違っていたのでEX113°)

さて、今度はバルタイはどこに落ち着くのやら?


at 15:15|PermalinkComments(2)

2005年10月10日

まだやってるバルタイ

先日の結果で決まったんじゃないのか?>なんでも屋

カバーするのがめんどうだったので、そのままほったらかしだったのだ。
ネジロックしておくべきだった。(違)

体感でのバルタイは決まったつもりでいた。
しかし、体感で早いセッティングが実走で必ずしも早いセッティングではないということは、ちょいとROMチューンをかじったことのある方や、サスセッティングに悩んだことのある方ならご存知であろう。

そんな訳で、本当に早いの?と疑問に思ったなんでも屋はデータで解き明かしてみようと考えた。

トレーサ画面
0d21fa43.jpg


プロが使うものにはかないませんが、なんでも屋は簡易的に各種データをトレースするパソコンを持っていたりする。

こいつで各バルタイごとのエアフロ電圧を見てみたら、どのタイミングが一番エアが入っている(=パワーが出ている)かが一目瞭然。

IN中心角      111 115 113 109
1速
エンジン回転数 7300 7238 7188 6962
エアフロ1電圧 4.76 4.72 4.71 4.70
2速
エンジン回転数 7738 7525 7625 7025
エアフロ1電圧 4.80 4.76 4.74 4.80

ほれ出た!

ん?
回転数ばらばらで比べられないやんけー!
サンプリングの関係でこうなってしまうのだなぁ。
ま、しょせん素人のもってるシステムじゃこんなもんでしょ。(爆)

この数字から無理やり結論を引きずり出すと...
IN中心角は111-109°あたりで一番エアが入っているようだ。
体感的には111のほうが良く感じるが、上だけ数字で比較すると109のほうが若干ではあるがエアが入っていそう。誤差かな?

オーバーラップを増やすと下でトルクが出るはずなんだが、109より111のほうが出足が良く感じるんだよなぁ?不思議じゃ。
これからしばらくは、その日の気分で109と111を乗り比べてみることにする。(嘘)
結局111に決めたなんでも屋の体感は捨てたもんじゃないってことだ。

これやってもう一点わかったことがある。
回転数7000rpmあたりから上になると燃料噴射時間が減ってるぞ。サチっているらしい。
もしかして、インジェクターを大きくするだけでさらなるパワーが出てくるのか?
でもなぁ、排気温度は問題ないしなぁ。無駄にガソリンを消費するだけなのか?

さらに悩みは深まるばかりなのであった。


at 12:41|PermalinkComments(2)