2005年04月24日

INカム

予告どおり、IN側のカムシャフトを交換しました。
昨日は疲れていたのと面倒なのとで更新をさぼってしまいました。

まずは驚きの画像から...

8e93baf0.jpg
某オークションで入手したものです。

作用角260ということだったのですが...

左が東名のポンカムA(254)
右が自称260
たった6°の違いのはずが、全然違うやんけぇ!

このまぁるいプロフィールがわかるでしょうか。
バリバリのレース屋さんが、
「面白そうなカムだなぁ」
と喜んでいました。

270どころか280くらいありそうな?












という訳で、交換は中止されたのでした。残念!

そんな訳ないでしょ。
すでにポンカムは外されているのですから。
このめんどくさがりのおいらが、元のカムに戻すわけねーっす。

交換の模様については、また次回。

そうそう、リフトノーマルで作用角260-272程度のカムとの交換を受付けます。(爆)
ご希望の方はメールください。


at 06:47|PermalinkComments(0)

2005年04月22日

オイルフィルター

ボンネットを開けた車の写真を見て、目ざとい人なら気がついたかもしれない。
おいらの愛車には移動式のオイルフィルターが装着されている。

bfeaf76a.jpg
これが自慢?の移動式オイルフィルター

ステーはアルミ製のワンオフ自作物だぜ
(切って穴あけて曲げただけ)






さらに目ざとい人なら、この写真に隠された大いなる秘密にも気がついたかもしれない。

上記の写真をよーく目を凝らして見て欲しい。
なんかおかしいでしょ?
実は、このオイルフィルターにはオイルラインが引かれていないのであった。
はったり度100%のダミーフィルター。

なぜにこんなことになっているか?
これには聞くも涙、語るも涙の長ーい物語があるのであった。
はしょって簡単に書くと、オイルクーラーのコアの位置を決めかねているので作業が進まないのだ。全然長くない。

昨晩のことだった。
とある集会へ参加したところ(ただの飲み会)、上記の悩みを持ったおいらに、すばらしいプレゼントを用意してくださった方がいらっしゃったのでした。

そのプレゼントとは...

9c9b88c1.jpg
双眼鏡?










いやいや、
6fcafe7c.jpg
なんと、新品のサーモスタットなのでした。

感謝、感謝。
どうもありがとう。>くれた人








ただし、おいらの悩みは全然解決できていないことを付け加えておく。

そのうちコアの装着場所が決まった暁には、オイルクーラー装着記をここで紹介することにする。

ちなみに、オイルクーラーの部品が揃ってすでに3ヶ月以上の時が過ぎているのであった。このままダミーのまま生涯をすごす可能性も非常に高い。

なぜならば...

なんでも屋は根性なしになって、油温が上がるような走りができないんですぅ。残念。


at 10:37|PermalinkComments(0)

2005年04月21日

バルタイ調整

そんな訳で、むちゃくちゃになっていたバルブタイミングと点火時期(クランク角センサー)の調整です。

反省点
1.バルタイの設定方法を知らなかった。
  外したとおりに組めばいいと思っていたのですが、部品を交換するのですから取り付けがずれてしまうという、当たり前の事実を認識できていなかった。カムスプロケットに合いマークがあるのも作業終了後に知り合いから教えていただいたのでした。
2.RB26エンジンの場合、EXのカムを交換してしまうとクランク角センサーがずれてしまうという大事な事に気が付かなかった。

こんな奴が作業して曲がりなりにもエンジンが回ってしまったのが驚きです。相当運が良かったようです。
作業の前には事前にきちんと手順を確認しましょう。


69196efe.jpg
これが今回知り合いから借りた
秘密兵器。

その名はタイミングライト。

良い子の皆さん、これなしでカムの交換なんかやろうなんて思っちゃだめですよ。













5d8bad60.jpg
クランク角センサーとタイミングベルトカバーを外すとカムスプロケットのお出ましです。

暖気が済んでいると熱くて素手では作業できません。







fba3843e.jpg
前回なんの知識もなしで組んだ排気側は、こんなになっていました。
ちょっと角度が悪いですが、見る人が見ればわかる恐ろしい(恥ずかしい)写真です。

内側の金色の4本がカムスプロケットをカムシャフトに留めているボルトです。

外側の5本のボルトを緩めると、カムタイミングを変更できます。

このスライドカムスプロケットはとあるお方の自作物をいただきました。
とても自作とは思えないすばらしい作りです。


db280d8b.jpg
そんでもってこれが点火時期を見るための印。
これは上死点(0°)、一目盛が5°。

暖気後のアイドリング状態で、タイミングライトを当てたときにマークの位置が5目盛目(20°)になるようにクランク角センサーを回して調整します。












小さなトラブルはございましたが、無事に正規の値に調整できました。めでたし。

どんなトラブルかって?
カム山をずらしすぎて反対側に一山ずれて再度カバーを外して調整したなんて、そんな恥ずかしいことは書けません。あっ...

次回の整備予定はIN側のカム交換です。


at 16:27|PermalinkComments(4)