2006年03月28日

オイルクーラーの装着(その3)

翌日曜日、予報は悪かったはずだかなぜか朝からピーカン。
最後の仕上げを行うこととする。
前回の失敗に懲りて、他人の駐車場をお借りするのはやめにして、天下の公道にて店開き。
ここなら誰にも文句は言われないだろう。(ほんとか?)

3d525549.jpg


ちゃっちゃとオイルクーラーの位置を再修正してオイルブロック装着のためにオイルを抜く。
ところで、オイルフィルターの交換だけだったら、オイルパンのオイルを抜く必要はないって皆さんご存知でしたか?おいら知りませんでした。(爆)

さて、オイルフィルターを外してオイルブロックを付けよう...と思ったところで大問題が発覚!!
なんと、秘密工場を撤収する際にオイルブロックとフィッティングの入った箱を積み忘れた。困った

オイオイオイオイオイオイ
もうオイル空っぽやんけ!

おいらの車にはNNL690という添加剤が入っている。こいつは万一のオイル切れにも焼きつかないという優れもの(らしい)。今こそその真価を試す時じゃぁ!

と思ったけど、素直に自動後退へオイルを買いにチャリを走らせるおいらであった。
御殿場までに走るだけに、用意した高級オイルはもったいないのでフラッシング代わりにバーゲン品でも買おうという算段。思ったより高かったと思いつつ帰る途中に、仲間より「フィルターだけだったら1Lもあれば十分...」とメールが入って大いに後悔したのであった。

買ったオイルはそのままにして、あらかじめ用意してあったオイルを注入。
一分一秒も惜しいので、バンパーレスでナンバーだけ付けて御殿場へ向かう。なんとしても暗くなる前に作業を終了せねば...あせる心が更なる悲劇を呼ぶのであった。

あ、あれ?何かが足りない...ちょっと軽量化

4667d1b4.jpg


あ、こっちも...

d44e5054.jpg


バンパーが無いことを忘れて、東名でアクセルを踏みすぎてしまいました。
強烈なダウンフォースがインナーフェンダープロテクターを地面に押し付け、挙句の果てにはタイヤに巻き込んでしまいましたとさ。(核爆)
ぽん!FRPで作り直して強度を持たせれば凄いダウンフォースが得られるのか?(馬鹿)

中古の出物をご存知の方はご一報ください。悲しい

オイルクーラー装着の一番の難所。
エコフィッティングのクランプネジ。見えるのに締められない。怒り

2207d3d6.jpg


特殊工具を製作してようやく締めた。

4b0003dd.jpg


あたりが暗くなる頃、ようやくすべての装着が完了した。パチパチパチパチ拍手

f52c9854.jpg


クラセンのコネクタを外して油圧がかかるまで十分にクランキングしてからエンジンON。
プロ曰く「ここで手を抜くと大抵メタルをやっつけちゃうんだよな。その時は平気なんだけどね」
だそうです。

おー、オイルの噴出しはなし。←自分の性格を知ってるだけに一番心配だった(爆)

各フィッティングからの漏れ確認。
コア よーし
サーモ よーし
オイルフィルター よーし
オイルブロック よー...くない。あー漏れてる困った
い、一番の難所がぁ。

調査の結果、二箇所あるメクラネジが緩んでいることが判明。
なぜに一度も触っていないネジが緩んでいるの?
泣きながら手を入れたら見えてる一箇所はなんとか締めることができた。
裏側には手が入らないのでオイルブロックを外すしかない。あたりは暗くなってる。
見えないからいいことにした。(爆)

幸い?オイルはまだ大量に積んであるし、漏れてるだけなら足さなくても100キロくらいは大丈夫。
万一メクラが抜けてオイルだだ漏れになっても油圧計見てればわかるべさ。その時は路肩でオイルブロック外せばばいいべさぁ。NNL690も仕事するだろ。
といった高度な判断もありそのまま帰宅の途へ。

無事なにごともなく自宅へたどり着けました。
後から気がついたけど、オイル交換してからまだNNL690は添加していなかった。(爆)

さて、まともに走れるようになるのはいつの日だろうか?


at 06:26|PermalinkComments(7)

2006年03月27日

オイルクーラーの装着(その2)

アールズのフィッティングの改造を検討したのであるが、ネジピッチの問題があることが判明してあっさりと挫折。御殿場の秘密工場にアールズホースの在庫があることを確認してでかけていった。

思うところあって、オイルクーラーの位置を変更。
無駄な労力であった。

cb9343ad.jpg


余計な作業をしていたために、結局この日はホース一本だけしか装着できなかった。

307598d6.jpg


その帰り道の東名駐車場(爆)
早く帰ろうと思って乗った高速道路であったが、事故渋滞でごらんの様。
睡魔に負けて10分ほど寝て起きたけど車は動いていなかった。

7a4e5a8b.jpg


なんかツキが無くなってきてるかも?


at 12:30|PermalinkComments(3)

2006年03月23日

オイルクーラーの装着

車よりも先に手配していたオイルクーラーであったのだが、装着場所の選定に悩んでずーっと暖めてあった。
パワーも出てきたことだし、暖かくなる前になんとかしておかないと、せっかくのエンジンを油温管理が悪くておしゃかにしたのではシャレにならん。

という訳で、会社をサボってお店を広げているの図。
おいらの駐車場は機械式なので作業ができない。お隣さんの駐車場をお借りして...

c6b28fd8.jpg


バンパーはずしたの図。
この後、駐車場の持ち主が戻ってきて大慌てで撤収したのは内緒だ。
平日はちゃんと仕事しろよな!

7d96f82f.jpg


ここに装着するのだ。
先日謎の黒箱を撤去して敷地を確保しておいた。

e5c403e8.jpg


ステーは現物あわせのワンオフ品。
芸術的な仕上がりだす。

8556a66b.jpg


フィッティングの邪魔になる黒い部品があったのだが、ヘッドライトをはずさないとはずせないらしい。あれこれ悩んだのではあったが...配線までぷっちんした体、いまさら...
という訳で、ハンダゴテにお出ましいただいて溶断してしまいました。
んで無事装着完了。

487fe0f1.jpg


レインフォースに繋がるステーも丈夫なアルミ板にしたのだが、バンパーを少しぶつけただけでコアまでつぶれそうなのに気がついてしまった。ここのステーは薄板で作り直すのが賢明かな。それともはずしてしまって二箇所で留まってれば十分かなぁ?

その後、お値段に負けて入手したアールズ#10相当品のステンメッシュ線と格闘の末、敗退しましたとさ。(爆)

アールズのフィッティングを扱ったことのある方でしたらおわかりでしょうが、ホースへの装着がむちゃくちゃ硬くて大変なのね。で入手した相当品ったら、外形が0.1mmほど太いのだ。
標準でも大変なのに、太いってんだからそりゃぁ...
結局サーモのフィッティングには入りませんでした。(;_;)

ゴムなんだから油圧プレスでもあればなんとかなるでしょうが、治具が必要だし...
ただいま対策を悩み中ですが、フィッティング改造が濃厚。油圧のかかる部分を雑なおいらが改造して大丈夫なんだろうか?(自爆)

そんな訳で、ただいまなんでも屋カーにはダミーのオイルクーラーがついてます。


at 06:31|PermalinkComments(0)