2018年02月04日

キャンプ料理あるある 失敗編

燻製スイッチが入ったので、今回も燻製中。

薪ストーブは出すのが面倒だったので、コンロでやったですよ。

密かに恐れて事態が勃発。


燃えました(爆)。普段焚火の焚き付けに使うとなかなか燃えないダンボールだけど、燻製4回目ともなるとカラッカラに乾いてまあ良く燃えること(笑)。必死の消化活動で、食材を落とす事なく消し止める事に成功しました。

穴を塞がないと、ここから煙が逃げるのだが、、、

絶好の監視窓なので、煙が逃げるのを承知で監視しながら続行。

そしたら、やっぱり左側にも点火しました(爆)。こちらは発見が早かったので、外側が燃える前に消し止めました。

真似してマンションのベランダでやる時は、消火用の水をバケツで準備してくたさいね。

んでもって、翌日の昼御飯。
パスタを調理。


鍋を忘れたのでフライパンでパスタを茹でたのだが、、、

お湯が無くなった(;_;)。


煮詰めちゃえ、、、


トマトスープパスタ完成。\(^o^)/

見た目は普段なんだが、、、

パスタ茹でるのにお湯に塩いれたのを考慮しなかった(爆)。

それを煮詰めたもんだから、味は推して知るべし。無茶苦茶しょぱい(爆)。

フライパンでパスタを茹でる際には、塩は控えめに(笑)。←煮詰めるの前提?(爆)






kamakoubou at 18:00|PermalinkComments(0)

バップフーテント、ほぼ完成形

雪の予報に、足元が危ないので(笑)、会社をサボって雪中キャンプを楽しもうと、田代に出掛けましたよ。

あ、あれ?雪ねーし(爆)。


いつもの手前っ側は水没していたので、降り口の芝の上に陣地構築。

買ったモノは、なんでも自分仕様に改良するのがなんでも屋流。メーカーではコスト面で出来ない事や、想定外の使い方(爆)で思っても見ない事を工夫することで、全然使い勝手が違いますよ。

まだまだ改良の余地はあるんですけどね。

これでバップフーテントの改良は、ほぼ完成です。


インナーポールをアウターで二股化しました。

邪魔なポールが無くなって、室内広々。
♪───O(≧∇≦)O────♪


マットレスはダブルがぴったりです。
( ̄^ ̄)ゞ


二股化したおかげで、余ったインナーポールは、、、


じゃーん。
前のひさし?を持ち上げて、視界広々。


ポール無しだと閉ざされる視界が広くなって、開放感抜群です。
出入りも前から出来るから、荷物も沢山置けます。ってか、真ん中に座って、りょう傍の手の届く範囲に色々置くから、必然的に前から出入りしないと仕方ないんだけどね(笑)。

ポールアウター化の思わぬ利点。


撤収前にこうやると、テントの裏が乾燥できます。
雪の上に設置したので、ゴミ袋撤収を覚悟してたのに、完全乾燥できましたよ。
\(^o^)/

こんなんして、乾燥しながらよく見たら、、、

このまま縦にしたら陣幕じゃね?(爆)。

むふふふふ、妄想が膨らむのであった。

欠点が一つ。
マットレスに腰掛けると、椅子が要らない。それは利点なんだけど、、、

居心地が良すぎて動くのが嫌になる(笑)。
でも、あれこれやる事はある訳で、、、
仕方なく動くと、天井が低いので、かがんで作業することに。

結果、腰痛(爆)。
滞在型のキャンプだと危険です。

屋根の外に椅子を置いて、出来るだけ腰を伸ばしましょう(爆笑)。


 




kamakoubou at 03:10|PermalinkComments(2)

2018年02月01日

月蝕撮影

定年して暇になった時のために(暇なんかあるんか?(爆))、写真を始めようかと少しずつ道具を集め始めた。

おいら形から入る人なので(笑)、レンズはやっぱり白い奴がカッコいいでしょう。
当然それに合う本体は最上級機。

ポチッとな。


んで、珍しい皆既月食は撮らねば。

動かないお月様の撮影なんか、簡単っしょ。なんたってプロ御用達の機材だし。

iPhoneでは欠けません(爆)。


さて、プロ用機では?


あ、あれ?


iPhoneよりはマシだけど、綺麗じゃないですよ?


新聞や雑誌の写真も同じ機会のはずだよ?


うーみゅ。動かないくせに綺麗に撮るのは難しいですよ。

写真は(も)腕がモノをいう世界のようだ。片手間に綺麗な写真を撮りたい人はiPhoneが一番(爆笑)。

重すぎて持ち歩く気にもならないし、、、
文字通りの宝の持ち腐れぢゃ。







kamakoubou at 18:16|PermalinkComments(2)